~併発の場合の障害年金申請におけるチェックポイント

発達障害と精神疾患が併発している場合は?

併発の場合のポイントを解説します!

他記事において、発達障害の場合の障害年金申請のポイントを解説しました。

ここでは、自閉症スペクトラム(ASD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害に加え、うつ病、双極性障害、統合失調症などの精神疾患が併発している場合の障害年金申請について、解説させていただきます。

ポイント1:発達障害と精神疾患を併発していると、障害年金申請は有利になるか?

併発の場合、有利になるのでしょうか?

まず、よくあるご質問として、「発達障害と精神疾患を併発していると、併発していない場合に比べ、障害年金申請は有利に進みますか?」というものがあります。

これに対する回答としては、「併発しているからといって、有利になったり申請がしやすくなったりすることはありません。」ということになります。

イメージとしては、両方を併発している場合、何となく有利になりそうな気もするのですが、実際のところは違います。なぜでしょうか?

併発している場合でも、診断書のチェック項目は同じ

診断書にはチェック項目があります

まず、発達障害または精神疾患で障害年金を申請する場合、「精神の障害」という様式の診断書用紙を使うことになります。以下PDFをご覧ください。

こちらの診断書では、裏面の「日常生活能力の判定」および「日常生活能力の程度」などの項目が重要なのですが、具体的には以下の通りです。

①日常生活能力の判定欄

「できる」から「助言や指導をしてもできないもしくは行わない」までの4つの項目のうち、該当する項目をチェックする。

日常生活能力の程度欄

「(1)精神障害を認めるが、社会生活は普通にできる」から「(5)精神障害を認め、身のまわりのこともほとんどできないため、常時の援助が必要である。」までの5つの項目のうち、該当する項目をチェックする。

という内容になっています。こちらのチェックですが、もし、発達障害および精神疾患を併発している場合でも、それによりチェックされる内容が変わるわけではありません。よって、併発しているからといって、より重い症状で診断書が記載されるわけではない、ということになります。

そのため、併発の場合でも、障害年金申請が有利に進む訳ではない、といえるのです。

ここでのポイント

ここでのポイントは以下の通りです
 
  • 発達障害や精神疾患で障害年金を申請する場合、「精神の障害用」の診断書様式を使う。
  • これらが併発している場合でも、障害年金申請が有利になるわけではない。

ポイント2:初診日はどこなのか?

どこを初診日として申請するか?

次に、発達障害および精神疾患の併発の場合、どこを初診日として障害年金を申請するかという問題があります。

その場合、まずは発達障害として診察を受けた日と、精神疾患として診察を受けた日、どちらが先なのか?を思い出す必要があります。その上で、発達障害と精神疾患が関係あるのか、言い換えると発達障害があることが原因で精神疾患が引き起こされたのか、その点を一度、整理してみる必要があります。

結論としては、だいたいのケースにおいて、発達障害および精神疾患については、「因果関係がある」とみなされるケースが多くなっています。この場合、発達障害または精神疾患で、どちらで先に医師の診察を受けたのか思い出しましょう。先に医師の診察を受けた日を初診日として、障害年金を申請することになります。

もちろん、理屈の上では、「因果関係がない」とされる例外もあります。しかし、当事務所の経験上は、障害年金の世界において、「因果関係がない」とされるケースは決して多くありません。そのあたりの詳しい解説は割愛しますが、「だいたいのケースにおいては、発達障害および精神疾患は因果関係があるとみなされる」というご認識で問題ありません。

ここでのポイント

ここでのポイントは以下の通りです
 
  • 障害年金の申請においては、発達障害と精神疾患を併発している場合、多くのケースで両者は因果関係があると判断される。
  • 上記の場合、発達障害および精神疾患で、どちらの症状で先に医師の診察を受けたのかを思い出す。

発達障害および精神疾患の併発の場合、申請に注意が必要です

お気軽にご相談ください!

以上、発達障害および精神疾患を併発している場合の障害年金申請のチェックポイントについて、解説させていただきました。

実務上、発達障害および精神疾患を併発しているケースは多く、その場合は「どこが初診日になるのか」を気をつける必要があります。

どこが初診日になるかによって、「国民年金での障害年金申請か、または厚生年金での障害年金申請か」「保険料納付要件がOKか」などの前提が変わってきます。

障害年金申請についてご心配な方は、お気軽に無料相談をご利用ください。

サービスの詳細はこちら

HPをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当事務所が提供する障害年金申請代行のサービスの詳細につきましては、以下リンク先をご覧ください。
具体的なサービス内容・料金等がご覧いただけます。

無料相談ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・予約はこちら
※契約勧誘は一切行いませんので、ご安心ください。
初回相談は、土曜日も承ります!

なお、お電話以外のメール・LINEでもお問い合わせが
可能です。


無料相談予約TEL

03-6811-1453
電話受付
平日のみ9:00~17:00
定休日
日曜日・祝日

公的機関での実績(一部)

公立の特別支援学校のご依頼で、障害年金の講演を多数行っています。このような実績がある社会保険労務士は、全国でもごくわずかとなります。

春日部オフィスは、春日部市の公式HPでバナー広告を掲載していました。

春日部商工会議所の公式HPにおいても掲載されました。

朝日新聞がお勧めする専門家サイトに登録されました

当事務所の社会保険労務士が「マイベストプロ」に掲載されました。詳しくは以下のバナーをクリックしてください。

無料相談をご利用ください

お電話でのお問合せ・相談予約

無料相談予約TEL
03-6811-1453

※契約勧誘は一切行いませんので、ご安心ください。フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・営業時間

アクセス

東京都世田谷区玉川3-20-2
マノア玉川第3ビル501号室

(東急田園都市線、大井町線
二子玉川駅から徒歩5分

電話受付

平日のみ9:00~17:00

03-6811-1453
定休日

日曜日・祝日

※フォームからのお問合せは、24時間受付しております。

LINEでのお問い合わせは
こちらをどうぞ!

当事務所のLINE公式アカウントです。お電話・メール以外でも、こちらからお問い合わせできます!お気軽にご利用ください。IDはshogai.nです。

代表者ごあいさつ

社会保険労務士 安部 徹

社会保険労務士の安部徹です。当事務所は、世田谷区、川崎市、目黒区などの皆様の障害年金申請を力強くサポートするプロフェッショナル集団です。

担当者ごあいさつ

社会保険労務士 髙林 里奈

お客様担当の髙林里奈です。接客業出身で、皆様に心を込めたサポートをさせていただきます。どんなことでも遠慮なくご相談ください。