右半身の麻痺が残ったケース

くも膜下出血の障害年金申請事例


対象者の基本データ
  • 病名:くも膜下出血
  • 年齢:50代後半
  • 性別:女性(東京都調布市)
  • 障害の状態:動脈瘤破裂によるくも膜下出血で、右半身のマヒが残り車椅子生活。自力での歩行はできない。握力は4まで低下し、食事・入浴・トイレなどはほぼ全介助となる。
  • 申請結果:申請した月から障害年金の支給が認められた。(障害厚生年金1級認定)

くも膜下出血を発症した経緯

  • 1
    発病の経緯

職場で仕事中、激しい頭痛・けいれん・吐き気に襲われ、すぐに救急搬送されました。そして病院にて、動脈瘤破裂によるくも膜下出血と診断されます。

その後、右半身マヒの後遺症が残ってしまいました。そのため、歩行が困難になり、右の握力が4まで低下してしまいます。

室内での移動も車椅子となり、食事・入浴・トイレなど日常生活全般において、介助が必要となりました。現在、施設に入所中です。

  • 2
    手続き内容

今回のケースでは、仕事中に突然倒れ、救急搬送されましたので、初診日は救急搬送された病院になります。その病院で初診日の証明書を取得しました。

また、リハビリもしましたがほとんど効果はなく、くも膜下出血の後遺症により右半身のマヒが残ってしまいました。そのため、診断書に右半身の状態を詳しく記載していただきました。

さらに、施設に入所中なので、施設での様子を資料としてまとめ、医師にお渡ししました。医師からは「とても分かりやすく、診断書作成がスムーズに進みます。」と言っていただきました。

障害等級は障害厚生年金1級。申請した月から障害年金が支給されました。

⇒お問い合わせページはこちらです

くも膜下出血の申請におけるポイント

施設での状態を医師にしっかりお伝えしたこと

施設に入所中なので、医師が施設での生活状況を詳しくご存じでありませんでした。そのため、施設での生活状況および障害の状態をまとめ、医師に資料をお渡ししました。

日常生活がほぼ全介助であること

日常生活は全介助であり、車椅子生活をしています。スプーンを持ったり、ボタンをとめたりはできず、身の回りのことはすべて施設のスタッフが行っています。日常生活が全介助の場合、その旨を診断書に記載いただくほうがよいです。

労働ができないこと

労働ができる状況ではないので、診断書にその旨も記載していただきました。


このような点が考慮され、対象者は障害年金を受給できるようになりました。

サービスの詳細はこちら

HPをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当社が提供する障害年金申請代行のサービスの詳細につきましては、以下リンク先をご覧ください。
具体的なサービス内容・料金等がご覧いただけます。

ご依頼・お問い合わせはこちら

24時間、メール受付中です!

まずは、以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。追って、担当者よりご連絡差し上げます。

定休日
土日祝

公的機関での実績(一部)

公立の特別支援学校のご依頼で、障害年金の講演を多数行っています。このような実績がある社会保険労務士は、全国でもごくわずかとなります。

春日部オフィスは、春日部市の公式HPでバナー広告を掲載していました。

春日部商工会議所の公式HPにおいても掲載されました。

連絡先はこちら

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。※電話番号につきましては、ご契約者様のみ開示しております。

アクセス・営業時間

アクセス

埼玉県春日部市中央1-15-21
(東武各線 春日部駅から徒歩5分

定休日

土日祝

※フォームからのお問合せは、24時間受付しております。

スタッフごあいさつ

障害年金スペシャリスト 安部 徹

社会保険労務士有資格者の安部徹です。当事務所は、郵送で全国の皆様の障害年金申請を力強くサポートするプロフェッショナル集団です。