仕事が継続できなかったケース

広汎性発達障害の障害年金申請事例


対象者の基本データ
  • 病名:広汎性発達障害
  • 年齢:20代
  • 性別:女性(東京都世田谷区)
  • 障害の状態:「交通ルールは必ず守る」「同じ服しか着ない」「場の空気が読めない」「予想外のことがあるとパニックになる」などの症状がある。仕事も継続できなかった。
  • 申請結果:申請した翌月から障害年金の支給が認められた。(障害基礎年金2級認定)

受診までの経緯

  • 1
    発病の経緯

この方は、子供の頃から「決まった洋服しか着ない」「必ず同じ道を通り、違う道を通るとパニックになる」などの症状がありました。また、友達と遊ぶことができず、いつも1人でいる子でした。集団行動もできず、幼稚園などでも、1人だけ友達と違うことをしていました。

成人してからも、「場の空気が読めず、思ったことをすぐに言ってしまう」「ルールや規則は絶対に守る」などの特性がありました。そのため、勤めていた会社からも、「協調性がない」と判断され、解雇されてしまいました。そのため、現在は無職です。

  • 2
    手続き内容

対象者の方は、5歳の時、小児科医から広汎性発達障害と診断されました。そのため、当時通っていた病院に依頼し、「受診状況等証明書」を取得することができました。幸い、カルテも残っていました。

広汎性発達障害の場合、「幼少時に診断されるケース」と、「成人してから診断されるケース」両方が存在します。今回は幼少時に診断されたため、当時の受診状況を証明する必要がありました。また、広汎性発達障害による症状が原因で、仕事も解雇されてしまいました。日常生活でも、家事が覚えられない、役所での手続きが理解できない、予定外のことが起こるとパニックになる、などの症状がありました。そのため、両親の生活介助が必須の状態です。


障害等級は障害基礎年金2級。申請した翌月から障害年金が支給されました。


⇒お問い合わせページはこちらです

広汎性発達障害の申請におけるポイント

幼少時に診断されたこと

医学的には発達障害は生来性のものになりますが、障害年金の世界では、初診日はあくまで「発達障害で初めて病院に行った日」になります。

対象者の場合は幼少時に診断されているため、幼少時の病院で初診日の証明書を取得しました。

仕事を解雇されたこと

「場の空気が読めない」「思ったことをすぐに言ってしまう」「複数のことが同時にできない」など、広汎性発達障害の症状により、仕事を解雇されてしまいました。このような状況の場合、障害年金が受給できる可能性が高まります。

日常生活に支障があること

基本的に家事はできず、役所での手続きや公共機関の利用も困難な状況です。診断書にそのような点をしっかり反映していただきました。

このような点が考慮され、対象者は障害年金を受給できるようになりました。

サービスの詳細はこちら

HPをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当社が提供する障害年金申請代行のサービスの詳細につきましては、以下リンク先をご覧ください。
具体的なサービス内容・料金等がご覧いただけます。

ご依頼・お問い合わせはこちら

24時間、メール受付中です!

まずは、以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。追って、担当者よりご連絡差し上げます。

定休日
土日祝

公的機関での実績(一部)

公立の特別支援学校のご依頼で、障害年金の講演を多数行っています。このような実績がある社会保険労務士は、全国でもごくわずかとなります。

春日部オフィスは、春日部市の公式HPでバナー広告を掲載していました。

春日部商工会議所の公式HPにおいても掲載されました。

連絡先はこちら

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。※電話番号につきましては、ご契約者様のみ開示しております。

アクセス・営業時間

アクセス

埼玉県春日部市中央1-15-21
(東武各線 春日部駅から徒歩5分

定休日

土日祝

※フォームからのお問合せは、24時間受付しております。

スタッフごあいさつ

障害年金スペシャリスト 安部 徹

社会保険労務士有資格者の安部徹です。当事務所は、郵送で全国の皆様の障害年金申請を力強くサポートするプロフェッショナル集団です。